自然体験活動QQレスキュー隊 Japan Outdoor Networkのトップページへ戻る
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象・活動場所 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
自然体験活動QQレスキュー隊トップ > ケガ・キズ等の手当 > 目のケガ
目のケガ


(1) 目に刺さった物体を取り除かない。
目を保護するには紙コップをケガをした方の目にあてて、切れ目を入れた包帯を通して固定する方法もあります。目は左右の目が同じように動きます。目を動かさないという意味から、包帯をする際にはケガをしていない方の目もふくめて両目をつつむようにします。


(2) 目に入った小さなゴミや異物は流水やきれいな水で洗い流す。

(3) 目に化学物質が入った場合は大量の水で20分以上洗い流す。


(4) 焼けるような痛みがある場合は湿らせたガーゼで両目をゆるく覆い、医療機関に行く。

トップページへ レスキュー隊トップへ メニューページへ 前のページへ ページの先頭へ
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象・活動場所 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
Copyright (c) Japan Outdoor Network, All rights reserved.