自然体験活動QQレスキュー隊 Japan Outdoor Networkのトップページへ戻る
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象・活動場所 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
自然体験活動QQレスキュー隊トップ > ケガ・キズ等の手当 > 高山病
高山病

高い山に登ると空気中の酸素が少なくなり、それによって、人体に生じてくる様々な症状や障害を高山病といいます。倦怠感や虚脱感、食欲不振、吐き気、頭痛、めまい、睡眠障害などの症状がでます。個人差がありますが、標高2000メートルを越えると高山病になる可能性があります。


(1) 症状が出た場合はまず、それ以上の登山をやめて、しばらく同じ高度ですごし、体を慣れさせましょう。これを高度順応させるといいます。


(2) 水分を十分補給しましょう。


(3) エネルギー源である糖分も補給しましょう。


(4) 体を保温して疲労回復につとめましょう。


(5) 症状が改善しない場合には高度を下げることが必要です。ただちに下山にとりかかりましょう。


(6) 高度をさげても症状の改善が見られない場合は、至急医療機関で診察を受けてください。

トップページへ レスキュー隊トップへ メニューページへ 前のページへ ページの先頭へ
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象・活動場所 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
Copyright (c) Japan Outdoor Network, All rights reserved.