自然体験活動QQレスキュー隊 Japan Outdoor Networkのトップページへ戻る
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象・活動場所 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
自然体験活動QQレスキュー隊トップ > ケガ・キズ等の手当 > 呼吸停止
呼吸停止


(1) 頭部を後ろにそらせあご先をあげて(頭部後屈あご先挙上)気道から舌を引き離し、気道を確保します。口の中に液体や固形物がないか調べます。あれば取り除きます。


(2) 胸が上下するか、息をする音がするか、息を肌で感じるか、「見て聞いて感じて」呼吸があるかないか確認します。


(3) 呼吸がなければ、ゆっくり2回息を吹き込みます。1回に1秒かけ、息を入れるたびに胸のふくらみを確認します。吹き込んだ息が逃げないように鼻をつまむようにします。


(4) 患者の呼吸の再開、体の動きや咳、明らかな首の脈拍などを含む循環の兆候を10秒以内に確認します。
脈がない場合は、CPR(心肺蘇生法)を施します。


(5) 呼吸が回復するまでか、救急隊員が来るまで、頭部後屈あご先挙上で気道を確保しながら、2回息を吹き込み人工呼吸を続けます。

  更新日:2007年2月15日

トップページへ レスキュー隊トップへ メニューページへ 前のページへ ページの先頭へ
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象・活動場所 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
Copyright (c) Japan Outdoor Network, All rights reserved.