自然体験活動QQレスキュー隊 Japan Outdoor Networkのトップページへ戻る
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象・活動場所 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
自然体験活動QQレスキュー隊トップ > ケガ・キズ等の手当 > けいれん
けいれん

けいれんをしている者への処置は、発作中のケガの予防と発作後の気道の確保です。


(1) 意識がない場合は119番に通報しましょう。


(2) 発作中の転倒などによるケガを予防するために家具を移動したり、階段などの危険な場所から離れましょう。頭は布団などの柔らかいもので保護しましょう。


(3) 発作中に無理に押さえつけたり、舌をかむ予防のために口の中に手を入れることはやめましょう。


(4) 呼吸していることが確認でき、意識がはっきりしない場合はイラストのような回復体位にしましょう。引き続き呼吸をしているか、どうかの観察を続けてください。

トップページへ レスキュー隊トップへ メニューページへ 前のページへ ページの先頭へ
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象・活動場所 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
Copyright (c) Japan Outdoor Network, All rights reserved.