自然体験活動QQレスキュー隊 Japan Outdoor Networkのトップページへ戻る
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象・活動場所 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
自然体験活動QQレスキュー隊トップ > ケガ・キズ等の手当て/応急処置
ケガ・キズ等の手当て/応急処置
Q太

アウトドア活動中にあなたが事故に遭われたり、その場に遭遇したときにどうすればいいのでしょうか、考えてみてください。

手当て/応急処置方法
1) 周りの状況を確認してください。
・あなた自身は安全ですか?
・あなたに危険を及ぼすものはありませんか?
・あなたのいる場所は安全ですか?
2) 二次感染を防ぎましょう。
血液やその他の体液等による二次感染のために救助者であるあなたの安全が守れないことがあります。
手袋やサングラスなどの顔を保護するものの使用を勧めます。
自分の親族の場合はのぞきます。
3) 意識レベルの評価をします。
あなたの安全が確認されて始めて患者に近づきます。
患者の動きがあるのか、目覚めているのか、意識不明ではないか、目に見えるケガや出血はあるか、を確認します。
4) 患者に声をかけましょう。
患者に大きな声をかけたり、体に触れて反応がないか、どうか確かめてください。
たとえ、意識がない場合でも患者には聞こえている場合があります。
誰が助けてくれているのかを伝える必要性があります。
5) 救急医療機関(119番)に連絡しましょう。
患者に意識がない場合や重大な病気の兆候や重度なケガの兆候が見られた場合は、即座に救急医療機関に通報します。
意識もしっかりしており重大な兆候が見られない場合は、応急処置を施してから必要に応じて医療機関に連れて行き診察をうけましょう。
6) 出来る限りの応急処置をしましょう。
救急医療機関に通報をした後は、救急隊が到着までの間に必要な応急処置を出来る限り施しましょう。
これらを行う際にも、常に自分の安全の確認に気をつけましょう。

手当て/応急処置方法 ページの先頭へ
骨折・捻挫・打撲 骨折・捻挫・打撲 切り傷・すり傷・出血 切り傷・すり傷・出血 咬まれキズ 咬まれキズ 目のケガ 目のケガ
ヤケド ヤケド 呼吸停止 呼吸停止 心肺停止 心肺停止 喉づまり 喉づまり
鼻血 鼻血 中毒 中毒 虫刺され 虫刺され かぶれ かぶれ
熱射病 熱射病 日射病 日射病 脱水症状 脱水症状 低体温症 低体温症
おぼれ おぼれ 足ツリ 足ツリ けいれん けいれん 水圧(スクイズ) 水圧(スクイズ)
高山病 高山病 乗り物酔い 乗り物酔い 日焼け 日焼け      

知って役立つ手当/応急処置情報 ページの先頭へ

手当/応急処置の方法や身近なものを利用した手当の仕方など、いざという時に役立つ情報満載!

CPR(心肺蘇生法)のやり方 CPR(心肺蘇生法)のやり方 AED(自動体外式除細動器)の使い方 AED(自動体外式除細動器)の使い方
身近なものの活用法 身近なものの活用法

ファーストエイドキット ページの先頭へ

ファーストエイドキットのリストを使って用意すべき薬や医療品を事前にチェックして、持ち忘れや不足のないようにしましょう。
ファーストエイドキットをチェックしよう! ファーストエイドキットをチェックしよう!
ケガ・キズ等の手当て/応急処置については、MFAメディックファーストエイド(R) ベーシックコース/小児コース インストラクター 三好利和(野外教育事業所ワンパク大学)が執筆・監修しています。
略称MFAは、MEDIC FIRST AID International, Inc.の登録商標です。
  更新日:2007年2月13日

トップページへ レスキュー隊トップへ 前のページへ ページの先頭へ
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象・活動場所 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
Copyright (c) Japan Outdoor Network, All rights reserved.