自然体験活動QQレスキュー隊 Japan Outdoor Networkのトップページへ戻る
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象・活動場所 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
自然体験活動QQレスキュー隊トップ > ケガ・キズ等の手当 > AED(自動体外式除細動器)の使い方
AED(自動体外式除細動器)の使い方
意識のない人のいる状況に立ち会った場合にはまず、近くにAEDのある場所であれば、119番通報をすると共にAEDを持ってきてくれるように頼みましょう。

(1)AEDの準備

救急手当てを行っている途中に、AEDが届いたら、すぐにAEDを使う準備をします。AEDを患者の頭の近くに置きます。

(2)電源を入れる
ケースからAEDを取り出し、電源ボタンを押します。機種によってはふたを開けると電源が入るタイプもあります。以降は音声メッセージと点滅するランプに従って操作します。

(3)電極パッドを貼り付ける
患者の胸を開きます。ボタンやホックがはずせない場合は切る必要があります。AEDのケースから電極パッドの入った袋を取り出し、袋を切って、中の電極パッドを取り出します。1枚のパッドを胸の右上、もう1枚を胸の左下側の肌に直接、しっかり貼り付けます。貼る位置はパッドや袋にイラスト表示されていますので、参考にしてください。

(4)心電図の解析
電極パッドがしっかり貼られると「患者から離れてください」という音声メッセージが流れ、同時に心電図の解析が始まります。周囲の人にも患者から離れ、誰も患者に触れていないことを確認してください。

(5)電気ショックと心肺蘇生の再開

解析が終わり、電気ショックが必要な場合は「ショックが必要です」という音声メッセージとともに充電を開始します。周囲の人に患者に触れないように伝え、誰も触れていないことをもう一度確認します。充電を完了すると電気ショックを行うように音声メッセージが再度流れます。これに従って通電ボタンを押し、電気ショックを行います。電気ショックのあとはすぐにCPR(心肺蘇生法)を再開します。


解析の結果、「ショックは不要です」の音声メッセージが流れた場合はその後の音声メッセージに従ってください。

(6)CPR(心肺蘇生法)とAEDの手順のくりかえし

電気ショック後、心肺蘇生を再開して2分が経過するとAEDが自動的に心電図の解析を始めます。音声メッセージに従って、患者から離れ、周囲の人にも離れることを伝え、離れたことを確認してください。以降、約2分おきに心肺蘇生とAEDの手順を繰り返します。患者が動き出すか、救急隊に引き渡すまで続けます。

特殊な状況
 
患者の胸が濡れている場合は乾いた布や患者の衣服で拭いてから電極パッドを貼ってください。
胸毛が多い場合は電極パッドが正しく貼れないために、剃る等の作業が必要になります。正しく貼れたかどうかは、AEDの音声メッセージに従ってください。
貼り薬が胸に貼られている場合はまず、これを剥がし、薬剤をふき取ってから電極パッドを貼ってください。
皮膚の下に心臓のペースぺーカーや除細動器などの医療器具が埋め込まれている場合は胸に硬いこぶのようなでっぱりが見えます。電極パッドはこのこぶから2〜3センチ離した所に貼ってください。

CPR(心肺蘇生法)の講習会とともにAEDの講習会も受講されることをすすめます。
  更新日:2007年6月22日

トップページへ レスキュー隊トップへ メニューページへ 前のページへ ページの先頭へ
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象・活動場所 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
Copyright (c) Japan Outdoor Network, All rights reserved.