自然体験活動QQレスキュー隊 Japan Outdoor Networkのトップページへ戻る
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
自然体験活動QQレスキュー隊トップ > 季節・気象 > 夏(6〜8月)の気象
夏(6〜8月)の気象

夏は太陽の季節です。夏の自然はもっとも力に満ちて、動物や昆虫、植物などにとっても思いっきり活動的な季節です。暑さと湿度によって体調を壊しやすい季節でもありますが、野外での自然活動を存分に満喫しましょう。
Q太

野外活動で出会う特徴的な気象現象

夏の気象現象

  天気図上での特徴  

梅雨

台風

雷(落雷)

真夏日・熱帯夜

 太平洋高気圧の張り出し 

夕立

猛暑

洪水

 

 梅雨末期の集中豪雨 


梅雨
春の終わりから夏にかけて、くもりや雨の日が多くあらわれる現象です。6月8日前後が梅雨入りの頃で、この時期は「シトシト」と降ることが多く、持ち物には雨具が必需品です。また7月に入り梅雨の終わりを迎える頃には「ザーザー」と振ることが多く、局地的な集中豪雨となり、河川の増水や氾濫などに注意が必要です。野外での活動は充分、慎重にしましょう。


真夏日・熱帯夜
日中の最高気温が30度を超えた日が真夏日。最低気温が25度以上ある夜が熱帯夜で、蒸し暑く、多くの人が不快感を感じる現象です。


夕立
夏の気圧配置(南高北低)の時に起こる現象。山間部で夏の強い日射が原因で大気の状態が不安定になり、入道雲が崩れて積乱雲に発達し、平野部におりて通過したところに夕立が起こります。
積乱雲の空が暗くなり、ピカッと稲光が光ったら、まずは野外での活動は中止して、避難しましょう。


猛暑
日中の最高気温が30度を超え、40度近くまで上がる真夏日や、最低気温が25度以上となる熱帯夜の状態が幾日も続くと「猛暑」と呼ばれます。
日中の野外での活動は控え、身体を休めることが大切です。


洪水
梅雨の終わり頃や、台風によって、河川の水位や流れる量が異常に増える現象です。河川だけでなく河川敷(川原)や、その河川の堤防の外側にまで水が溢れることもあるので注意が必要です。


春の気象夏(6〜8月)の気象秋の気象冬の気象

トップページへ レスキュー隊トップへ メニューページへ 前のページへ ページの先頭へ
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
Copyright (c) Japan Outdoor Network, All rights reserved.