自然体験活動QQレスキュー隊 Japan Outdoor Networkのトップページへ戻る
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
自然体験活動QQレスキュー隊トップ > 季節・気象 > 春(3〜5月)の気象
春(3〜5月)の気象

春は眠っていた自然が息を吹き返す季節です。2月4日頃の「立春」から暦の上では「春」になりますが、実際は「桜前線」が北上し始める3月20日頃から「梅雨入り」の前までの頃が「春の自然活動」の季節でしょう。室内に篭りがちな冬から一転しウキウキする季節ですが、移動性高気圧の気圧配置により、3〜4月は天気も周期的に変化し、気温の差も大きい時期でもあるので服装や持ち物に注意しましょう。
Q太

野外活動で出会う特徴的な気象現象

春の気象現象

  天気図上での特徴  



雪崩

雪解け

花粉

 春の移動性高気圧 

春の嵐



花冷え

晩霜

 三寒四温 


雪崩(なだれ)
春先のくもりや雨の降る暖かい日に起こる「雪崩」で「全層雪崩(ぜんそうなだれ)」と呼ばれています。
春休みのスキーキャンプや雪上プログラムでは、急な斜面の下、建物の屋根の下や道路の側溝、河川のくぼみなどに注意しましょう。


雪解け
川や池では春先に雨降りでもないのに水位が高くなることがありますが、これは上流や付近の雪解けによるものです。気温に比べて非常に低い水温のため、水辺の活動では落水などに注意が必要です。


花粉
乾燥した冬晴れが続く頃、スギ・ヒノキなどの樹木による花粉が飛び始め、目のかゆみ、鼻や喉の不調が現れます。天気予報での「花粉情報」に注意し、野外ではマスクやゴーグルなどをして活動しましょう。


春の嵐
メイストーム(5月の嵐)とも呼ばれ、4月後半から5月頃にかけて低気圧が日本海で台風並に発達する現象です。低気圧に向かって吹く強い南風や雷を伴なった強い雨によって、海や山は大荒れになります。気温は暖かいですが、自然の中では「冬」が顔をのぞかせるため、持ち物には冬の防寒着も必要です。


花冷え
桜の花の咲く、四月初旬に冷え込むこと。


晩霜(おそじも)
四月になり「春の陽気」となっても、朝晩は冷え込むことも多く、遅い時期での霜を「晩霜」と呼びます。季節の変わり目に見られる気象現象です。


春(3〜5月)の気象夏の気象秋の気象冬の気象

トップページへ レスキュー隊トップへ メニューページへ 前のページへ ページの先頭へ
レスキュー隊トップ プログラム 季節・気象 危険な動植物 ケガ・キズ等の手当 救急医療施設電話帳
Copyright (c) Japan Outdoor Network, All rights reserved.