第1回「さがす」

植物好きにとってたまらなく嬉しい事は、どうしても分からなかった植物の名前が判明する事だ。「~の仲間だろう」とか「~科らしいえね」で一応は終わらせてしまうが、実は悔しくてならない。家に帰って図鑑を引いてみるのだが全く分からなくて迷宮に入ってしまうことがある。興味のない人には「~の仲間」で十分かもしれない。もう少し乱暴な人は「はな」でいいではないかと言いかねない。そうはいかないのが植物好き人間である。

写真の植物はFOXTAIL BARLEY。カナダで見つけたのだが現地で買った図鑑に載っておらず分からずじまいだった。今回再訪した時に別の図鑑を買ったら出ていた。何とこの写真はすでに花は終わって種になっていたのだった。イネ科の植物である。

 

P-MAC 野外教育センター 石井英行