第14回「ヨコグラツクバネ」

《ヨコグラツクバネ ユリ科》

植物学者の牧野富太郎氏は、1,000に余る植物名の名付け親である。

この花もその一つ。彼のふるさと高知県にある横倉山で発見されたもの。ツクバネソウというのは山でよく見かける。それに比べると何が違うのかというと花柄がほとんどない。しかも葉をよく見てみると3枚のものと4枚のものがある。

牧野氏は常に詳細に見よ。と言っている。これは植物のことだけではないな、と思う。

 

P-MAC 野外教育センター 石井英行