第13回「キバナノアツモリソウ」

《キバナノアツモリソウ ラン科》

アツモリソウという名は、平敦盛の矢よけの幌に由来します。その黄色い花ということです。

日本では貴重な花で、植物好きに、この花を見にゆきましょうか。などと声を掛けたら何人もの人が集まるでしょう。愛好者たちは咲いているところを知っていても内緒にしています。もちろんぼくもそうです。今年もそろそろ咲き出す頃です。

「皆さんどうです、ぼくと一緒にキバナノアツモリソウを見に行きませんか」

 

P-MAC 野外教育センター 石井英行